2021年09月04日

サバイバルファミリー

9月4日土曜日、雨時々曇り

最近急に涼しくなってきた。今朝も爽やかである。
退院して1ヶ月半になる。家内にとって私が、ただいてくれるだけでいい存在の時期が終わりつつある。

ところで、先日ようやくイベルメクチンが手に入った。
注文して丸2週間かかった。ベストケンコーによると今注文殺到とは書いてないが、配達遅延が生じているとのこと。入院中も仲の良い薬剤師を通して、仕事柄新型コロナ予防としてイベルメクチンが必要なので、処方箋を書いてもらえないかとお願いしたが駄目だった。
娘たちには、ビタミンC+亜鉛+ケルセチンで新型コロナに対抗できる科学的理由: 米国の病院に正式採用されたサプリとは?【論文レビュー】を勧めている。
色んな情報が氾濫している社会で、生き残りをかけて、何が正しい情報で何が偽情報なのか、全ては自己責任で判断して行動しなければいけない。あなたが信頼するテレビのコメンテーターも製薬会社から謝礼金を貰っており、思うように真実が話せないこともあり得るのだ。注射して副反応に悩んでいる方も、デトックスの仕方があるようなので、それも自己責任で試すのが良いと思う。私も抗がん剤のデトックスに励んでいるところだ。

ところで、私はアマゾンプライムの会員なので、最近無料で見られる映画を物色しているが、昨日サバイバルファミリーという映画を見た。
東京に住む一家が、大停電で車も電車も飛行機も動かなくなり、自転車で祖父の住む鹿児島に避難していく話だ。途中で遭遇した時任三郎、藤原紀香らの演じる余裕綽々の家族には少々驚いたが、本来私たちはこうあるべきなのだなと思った。私を含めて平和ぼけした方必見である。

それじゃ、またね。
posted by モモタロウ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | サバイバル社会

2021年08月09日

スイカ

8月9日月曜日、雨時々曇り
今日は予約なし。
リハビリのためにウォーキングなどをしてきた。
台風のお陰で風は強いが曇っていて、割と過ごしやすい気候である。
病み上がりなので無理せず全てを休み休みやるように気を付けている。
仕事も軽いのを1件ずつ入れていたが、先日常連客から急遽ストレッチャーで入院したいとのことで、久々に力仕事を請け負った。常連客ではなければ断っていた少しリスクの高い仕事だった。しっかりしたご家族のお陰で何とか無事こなせて良かった。ということで、お客さんへの挨拶回りは今年一杯をめどにゆっくりとしたい。
ところで、6ヶ月の入院中に末娘が一人暮らししたいとのことで、別居しているが、3女も休みの日は外泊しがちで、退院したら急に我が家が寂しくなっていた。まあ、孫が2人もいる58歳なので仕方がないが、おととい家内が、「スイカ買ってきたよ。」と切ってくれたが、以前なら即日完売だったのに、それが中々無くならない。時々夜中に熊のように帰ってきて、冷蔵庫をあさって昼まで寝て帰る末娘も、その時たまたまいたのだが、最近ダイエット中とのことで、スイカを食べようとしない。3女も不在である。
仕方がないので最後は、家内と私とで仕事をこなすように黙々と食べる始末である。とても甘くて美味しかったが。こうやって、家内と2人きりの生活が増えていくのかと思う。そうすると今まで「子はかすがい!」などと暢気な事を言っていた私もしっかりしないと捨てられてしまう。今から色々と妄想するだけで緊張する私である。

モモタロウ頑張れ!

posted by モモタロウ at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年06月13日

地固め療法3回目

6月13日日曜日、曇り後雨。

また明日月曜日から再入院し、3回目で最後の地固め
療法に入る。抗がん剤を少量ずつ120時間連続で
点滴投与されて、その後徐々に血球が下がるので、
適宜輸血したり熱が出たら点滴したりして
無菌室で自然に血球が上がるのを待つ。
その間感染症などには要注意である。
窓も開けてはいけない。ただ、抗がん剤の連続投与が
終わると点滴からはある程度解放されるので
気は楽である。
だが、1週間の連続点滴後3週間は入院して
血球の回復を待たなくてはならない。

病室では週3回の採血結果によって全てが決まる。
学校の定期テストのようなものだ。
採血の結果が悪ければ余分に輸血や抗生剤などの
点滴をしなくてはならないが、結果が良ければ
解放され、早く無菌室を出て4人部屋の一般病棟に
移れ、病院のコンビニにも自由に出入り出来る
ようになる。すなわち退院も早まる。
だから採血の前日には睡眠をたっぷり取って
臨むようにしている。そういう訳で以前暇つぶしに
色々計画したが止めにした。病院での目標は早い
退院なので、ある程度暇つぶしをして、
あとはのんびり眠いときは寝て過ごすように
切り替えた。

最近そういう目標もノルマもない自由な
ボーとする時間の楽しさが分かってきた気がする。
(老化かもしれないが。)前にテレビで、
南国諸島の、女性が外で働いて中心的役割を
担っている社会の現地人男性たちが、
家事も適当に一日中太陽を見てのんびり
過ごしているのを見たことがあるが、
AIの導入で近い将来私たちも、そんな
お金が余って時間も持て余す生活が
出来るようになるのかもしれない。
そんな時でも禁戒(ヤマ)と勧戒(ニヤマ)
守って自分を律して静かに生きていける
自分でありたいものだ。
少し気を許すと普通に破ってしまいがちだが。

最後に、病院で暇つぶしに百人一首に接する
機会があったが、はっきりいってドロドロした
恋愛物が多かった気がする。
その中で比較的爽やかな一句をご紹介する。

「君がため 春の野に出でて 若菜摘む 
わが衣手に 雪は降りつつ」光孝天皇

それじゃ、またね。
posted by モモタロウ at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 白血病