2014年11月03日

情けは人の為ならず

11月3日月曜日、晴れ!

しばらく雨が続き洗濯物が乾かないため、

我が家のタオルが底をつきかけていたが、晴れてよかった。

あまりこの辺に触れると小姑呼ばわりされるのでやめておこう。

今日は祝日だが、ありがたいことに午後から仕事が入った。

ところで、相変わらず変わった本ばかり読んでいるが

以前読んだエドガーケイシーの「転生の秘密」のなかで

老後や孤独の悩みについて触れているので抜粋してみる。

問 どうしたら私は老後や孤独の心配にうち克つことができるでしょうか。

答 自分のことが自分で出来ない人のためにすすんで何かをすることです。

  自分を忘れて人を幸福にしてあげなさい。人を助けることによってあなたは

  もやもやした心配から解放されます。

問 どんな趣味をもったらよいでしょうか。

  誰か他の人を助ける趣味がいいです。戸外で花いじりをすることも

  あなたの趣味として良いでしょう。けれど自分で自分のことが出来ない人

  のために毎日何か良いことをするように計画しなさい。

  病気で引きこもっている人の話し相手になってあげられるだけでも

  あなたのためになります。


これはあくまでも特定の個人に向けられた回答であるが、ケイシーは

他人への奉仕の大切さを他のリーディングでも繰り返し述べている。

昔から「情けは人の為ならず」(情けは人のためではなく、いずれは巡って

自分に返ってくるのであるから、誰にでも親切にしておいた方が良い)というが、

他人に親切にすることが、将来ではなく現在の自分のもやもやした悩みの

解消になるということをケイシーは言っている。

私もそうだが、悩み多き皆さんも一度お試しあれ。

それでは、今日もモモタロウ頑張れ!

みんなも頑張れ!

車いすのまま乗り降りができる福祉タクシー モモタロウ
posted by モモタロウ at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉タクシー

2014年07月30日

心屋仁之助

7月30日水曜日、晴れ。

暑い日が続く。

車中の冷房と外との寒暖差からか最近疲れやすく

夕方帰るとぐったりして寝てしまうことが多い。

まあ眠いときは寝て無理せず夏場を乗り切りたい。

相変わらず興味の赴くままに変わった本を読んでいるが、

最近は、ディーパック・チョプラ、佐藤康行など。

ディーパック・チョプラの書いた「シャドウ・エフェクト」の

内容は「誰もがシャドウ(心の闇)を持っている。

シャドウを否定すると、シャドウに人生を奪われる。

しかし、その存在を認め、光を当てた瞬間、人生を一変させる

恩恵と変容がもたらされる。」というものだが、

日本でも心屋仁之助が似たような内容でたくさん本を出している。

人はこれまでの人生で様々な心の古傷(トラウマ)を受けて

きているが、それらを知らないふりをして隠さずに、その存在を認めて

表面化することによって、人生の諸問題が解決されるというものだ。

興味の有る方はご一読を。

今日も暑いけどモモタロウ頑張れ!

車いすのまま乗り降りができる福祉タクシー モモタロウ



posted by モモタロウ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉タクシー

2013年11月16日

気のゆるみ

11月16日土曜日、晴れ。

今日は元々予約が入ってなかったが、有り難いことに

アクトから急な仕事が1件入った。

K介護タクシーさんの逆コールらしい。

Kさんの最近の営業ぶりには頭が下がる。

私は今年で3年目になるが、最近開業当初のやる気が見られず

送迎の空き時間なども寝て過ごしたり、フラフラ買い物をしたりと

全く営業をやる気が見られない。

3年目の気のゆるみなのだろうか。

そんな気のゆるみを象徴する事故が先月あった。

お客さんを介護施設にお運びして精算が終わって帰ろうと、

前向き駐車から、バックで方向変換して帰ろうというときに

施設の石柱にぶつかる自損事故を起こしてしまったのだ。

開業して2年間は無事故無違反だったのだが、

恥ずかしい話今年に入って、これで3回目の自損事故である。

その全てが仕事を終えてほっとして、さあ帰ろうというときに

バックで何かにぶつけてしまうというものである。

さらに今回の事故は、相手が車両ではないので車両保険から

修理費が出ないということがショックだった。

思い返せば開業当時入っていた協会の保険代理店から、

毎月の保険料15,000円、12,000円、8,000円の

車両保険からどれかを選ぶように促された。

15,000円のがお勧めとのことだった。

当初先輩の体験乗車などで、最初の3ヶ月〜半年は殆ど売上は

望めない事を聞いていたので

売上もないのに高い保険料を払っていられるかと思い、

内容もろくに見ずに私は12,000円の車両保険に決めてしまった。

これが、車対車以外の自損事故に保険が下りないタイプだったのだ。

今更終わったことを悔いても仕方がないので

再発防止対策として、@バックモニターを取り付ける。A大きいルームミラーを取り付ける。

Bバックする前に、車を降りて外で後方確認して、バックする時はゆっくりとバックする。

C車両保険を見直す。などである。

今回は高い授業料だったが、3年目の気のゆるみをもう一度引き締めて

新たな目標に向けて飛躍をしていきたいと思う。

営業も目標を決めて頑張っていきたい。

皆さんは今回の私のように高い授業料を払わない為にも

一度保険内容を見直して、切り替える必要があるようでしたら

早めに切り替えることをお勧めします。

モモタロウ明日も頑張れ!

車いすのまま乗り降りができる福祉タクシー モモタロウ







posted by モモタロウ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉タクシー