2018年05月27日

家族の時間=東海林智・新潟

5月27日日曜日、晴れ。

今日は予約なし。家でのんびり過ごした。

ところで、先週国会で働き方関連法案が
あり得ないやり方で強硬採決されたらしい。
その記事をネットで見ていたら、
下記のような文章が見つかり思わず
泣いてしまった。

にいがた記者日記
家族の時間=東海林智・新潟
毎日新聞2017年5月31日地方版

毎年6月になると思いだすことがある。
過労死で夫を亡くした女性の話を聞きに
東海地方を訪れた時の話しだ。
もう、10年以上前のことだ。

家を訪ねると、3歳くらいの女の子が、
白いレースのワンピースに赤いエナメルの靴で
おすましして、玄関にちょこんと座っていた。
誰かを待つかのように、背筋をのばし、
ほんのり笑っていた。

2時間近く女性の話を聞いた。
昼夜問わず携帯で指示を受け、月100時間を
超える残業。体がきついと退職を決意した直後、
営業車の中で休んでいて突然死した。
まだ30代になったばかり。
結婚7年目で授かった愛娘を残して
世を去らねばならなかった無念に
胸が締め付けられた。

帰り際、少女は、まだ玄関に座っていた。
気丈に振る舞っていた女性が大粒の涙をこぼした。
「休みの日は、かわいい格好して、
良い子にしてれば、お父さんが迎えに来て
遊びに連れてってくれると待っているんです。」
体全体で父を求めるいじらしさに涙が止まらなかった。
長時間労働は家族みんなから大事な時間を奪う。
少女の小さな背中はそう告発していた。」


上記の画像がうまくアップ出来ず、手打ちで写しながら
再度泣いてしまった。
最近年のせいか涙腺がゆるくて困る。
それでは、明日も頑張りましょう!


車いすのまま乗り降りができる福祉タクシー モモタロウ
posted by モモタロウ at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護タクシー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183340433

この記事へのトラックバック