2016年03月30日

アンチエイジング

3月30日水曜日、晴れ。

今日はお花見がキャンセルになり急きょ休みになった。
今月は土日も無く結構忙しかったので、有り難く休ませて頂こうと思う。
ところで、去年くらいから老眼になってきて近くの文字が眼鏡を取らないと読みづらい。
老化を身に染みて感じ、何かアンチエイジング的な本が無いかと探していたら
面白い本を見つけた。
船瀬俊介の「万病が治る!20歳若返る!かんたん1日1食」である。
その一部を抜粋してみる。
P27
「栄養は多ければ多いほどよい」こう説いたのは今も「栄養学の父」と称えられる
カール・フォン・フォイト博士(独、ミュンヘン大学教授)
ところが、長寿遺伝子の発見は、その近代栄養学を根底から粉砕するものでした。
フォイト栄養学は、「身体に良いものは、取り過ぎるということはない」とまで
言い切っています。
しかし、ガレンテ博士の発見した長寿遺伝子は、真逆の結論を導き出したのです。
つまり「栄養は少ないほど良い」。
マウス実験のマッケイ報告は、カロリーを六割にすると寿命が倍増する・・・
という衝撃事実を明らかにしています。
しかし、今から80年も前に発表されたこの報告は、歴史の闇に葬り去られたのです。
「食べる量を約半分にしたら、寿命が二倍になる」
こんな事実を人類が知ったら、食料消費が半減してしまう。
それは、農業や食品産業の売り上げ半減を意味します。
食料価格は暴落するでしょう。
地球規模で食料利権を支配している巨大な勢力にとって、
それは絶対に許すことができない。
そこで、マッケイ報告は、「不都合な真実」として闇に封印されたのです。
しかし、カロリー制限で寿命倍増・・というミステリアスな現象は、
アンチ・エイジング(抗齢学)の学者たちを魅了しました。
その後、抗加齢学者たちは、細々と、実験を繰り返し、
カロリー制限つまりファスティング(小食・断食)こそ、
生命を活性化させ、寿命を延ばすことを確認したのです。
その生命の神秘は、驚いたことに酵母菌など単細胞生物から、
サルなど哺乳類まであらゆる生命体に共通する現象だったのです。
つまり、長寿遺伝子の発見は、まさに近代栄養学を根底から覆したのです。
それは、「栄養学の父」フォイト理論の完全崩壊を意味します。
フォイトは「プラスの栄養学」を唱えました。
しかし、真理は「マイナスの栄養学」にあったのです。


「闇に封印された不都合な真実」などというこの手の話が私は大好きである。
小食、絶食をテレビ番組で取り上げる時、悪く言われることが多いのも
番組のスポンサーに「不都合な真実」だからかもしれない。
そういう目で見ると非常に面白い。

病気が治る考え方としては、身体の体毒の浄化(デトックス)である。
例えば心臓病について抜粋する。

P149
■心臓病
冠状動脈の内側にコレステロールなどネバネバ物質(アテローム)が溜まり、
狭めたり、塞がったりすることで発病します。
ところが、断食、小食で栄養源が入ってこないと、身体はこのアテロームを
食べて栄養源とするのです。つまり、勝手に血管内壁の汚れは浄化され、
内壁はツルツルになります。

ということで、自己流の1日ほぼ1食を実験的に実践し始めて丸5か月になる。
朝はしょうが紅茶(黒砂糖たっぷり)を二杯、昼は家に帰れる時は野菜ジュース
帰れない時は無し、晩御飯は食べたいだけ好きなものを食べる。食い意地が張って
デザートまで食べている。
空腹対策としては、毎日1リットルほどの暖かいお茶か白湯をチビチビ飲んでいる。
最近は夕方5時位に、限界を感じるとおやつとしてミックスナッツ類を食べることもある。
自己流なので何でもありだ。

それで身体の変化は、
@体重が89Kgから75Kgになった。
A毎冬必ず1度風邪をひいて、咳だけが1か月ほど残っていたがその風邪をひかなくなった。
B以前は時々歯茎が炎症を起こして歯医者に行っていたがそれが全く無くなった。
C花粉症が軽くなった。

それからこの本の体験談の中で視力が良くなり眼鏡が要らなくなった方がいたが、
私の場合は相変わらずの老眼である。
それでも体調は良くこれは自分の身体には合っているようなので
この自己流1日ほぼ1食を当面は続けていきたい。

興味のある方はご一読を。

ただ実践される方はくれぐれも無理をしないで頂きたい。
私の場合は15年位1日2食だったので、スムースに1日ほぼ1食に移行できた。
実践される方は、まずは1日2食から始めるのが良いと思う。
(但し3食→2食は私の場合体重の変化は殆どありませんでした。)

それでは、今日もモモタロウ頑張れ!

車いすのまま乗り降りができる福祉タクシー モモタロウ

posted by モモタロウ at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉タクシー